このエントリーをはてなブックマークに追加

ホワイトニングとインプラント

最近ではインプラント治療のついでに、ホワイトニング治療をされる方も増えてきているようです。
ホワイトニングというのは、文字通り歯を白くするという治療になるわけですが、注意点がいくつかあります。
例えば白さの色味の調整をすることは難しく、詰め物や被せ物などは白くすることができないという点です。
つまり、インプラントをしてからホワイトニングをしようとすると、色の違いというものがでてしまうことがあり、最悪人工の歯を付け替えなければならなくなったというケースも少なくありません。
またインプラントの治療前と後でも注意する点には違いが出てきます。
まず治療前ですが、ホワイトニング後の歯の白さは、歯の質や変色の程度で個人差が出てしまうという点を挙げることができるでしょう。
抗生物質(テトラサイクリン系のもの)により着色したような場合には、ホワイトニング剤では綺麗にできないという可能性もあります。
では治療後に注意できる点としてはどのような点を挙げることができるのでしょうか。
それはホワイトニングの効果に関する点ですが、このホワイトニングというのはずっと効果が続くというものではなく、オフィスホワイトニングのように歯科で行う場合には、6ヶ月〜1年がその効果持続期間だといわれています。
歯の色の後戻りを防ぐためには、定期的にホワイトニングをし続ける必要がありますので、かかりつけの歯科と相談して、どのくらいで再びホワイトニングをする必要がでてくるのかを聞いておくと良いでしょう。
ちなみにホワイトニングといってもさまざまな種類があります。
上記にも取り上げたのがオフィスホワイトニングというもので、これはホワイトニング剤を塗った歯に、レーザーや光をあてて化学変化によって歯の色を白くしていくというもので、非常に強力なため効果がすぐにあらわれるといわれています。
これとは反対に、効果がなかなかあらわれないぶん、効果が長続きするというのがホームホワイトニングになります。
ホームホワイトニングというのは、家でホワイトニング剤が入っている専用のマウスピースを装着し、歯をホワイトニング剤に長期間浸け込んで白くしていくというものです。
欧米などではほとんどがこのホワイトニングになっているようですが、自宅でできるため、歯科に行く時間が無いという方には丁度よいといえるかもしれません。
いずれにせよよく歯科医と相談したり、カウンセリングをしてもらい決めると良いでしょう。

Copyright (C)2016参考になる☆歯科情報!最新のデンタルケアについて.All rights reserved.