このエントリーをはてなブックマークに追加

骨粗鬆症のインプラント

インプラントというのは、インプラント体を骨のなかに埋め込み、そこに人工の歯を取り付けるという治療方法になります。
では骨粗鬆症のような骨に問題がある方は、インプラント治療が可能になるのでしょうか。
結論から言うと、骨粗鬆症の方でもインプラント治療は可能になっています。
きちんと骨の状態を検査し、適切な治療を行うことはもちろん重要になるわけですが、具体的にどのような治療が必要になるのでしょうか。
骨粗鬆症の方の治療として注意しなければならないのが、インプラントと骨が結合する期間です。
通常の場合には3から6ヶ月ほどで骨とインプラントが結合するといわれていますが、骨粗鬆症のように骨密度が低い方の場合には、その倍の期間をかけて結合を待つ必要があります。
また手術に関しても、インプラントを埋入するために骨に開ける穴を小さくして、より安定させる必要があります。
しかし骨粗鬆症で、ビスホスホネート製剤を使用されているケースでは、インプラント等の外科手術を避けるのが良いといわれています。
というのは、ビスホスホネート製剤が骨の代謝を止めてしまい、骨の治癒を妨げてしまうからです。
実際にあったものでは、骨の壊死などによる予後不良のケースもあります。
いずれにせよ、通院、薬を服用している等の場合は、かかりつけ医に相談してみることが必要になるでしょう。
また特別な例として、先天的に大人の歯が生えない場合というのもあります。
そもそもインプラント治療というのは、歯の生え変わりや顎の成長などが落ち着いてから行なわなければなりませんので、先天性欠如のスペースをつくるために、部分入れ歯や仮歯などつけてまずは様子を見るということが重要になることもあります。
また治療が難しいとされるケースとしては、歯周病になっているという場合もあります。
歯周病になっている場合には、そのままインプラント治療をしてしまうとインプラントが不安定になってしまったり、最悪抜けてしまうこともあるので注意が必要だといわれています。
ちなみにインプラントの前には歯科で検査があり、もし虫歯や歯周病が見つかった場合には、先に治療がされるようになっていますので、治療期間が若干伸びてしまうということを理解しておきましょう。
上記のような状況のほかには、心臓病があったり、糖尿病をもっていたりする場合には、インプラント治療ができなかったり、特殊な方法で行なわなければならないこともあるので注意しましょう。

Copyright (C)2017参考になる☆歯科情報!最新のデンタルケアについて.All rights reserved.