このエントリーをはてなブックマークに追加

インプラント治療の流れ

これまでインプラント治療を受けたことが無い方は、インプラントに恐怖心を抱いていることがあるかもしれません。
そのような方のためにインプラント治療の流れを簡単に解説していきたいと思います。
そもそもインプラント治療というのは、人工歯根をあごの骨に埋め込むことが必要になりますので、外科手術が必要になってきてしまいます。
この手術には一回法と二回法というものがあるのですが、まずは一般的だといわれている二回法の解説から見てみましょう。
まずはじめのステップとしては、埋め込むインプラントを決めることになります。
インプラントといっても、メーカーによる違いや、形状、材質などにおいてさまざまなものがあります。
それで歯科医が、最終的に装着する人工の歯の形や噛み合わせを決めて、それにあったものを選んでいくということになります。
これが決まり次第、手術が開始になるわけですが、まずは麻酔が行なわれますので、ほとんど痛みはありません。
しかし感触というのは残ってしまいますので、どうしてもそれが気持ち悪いという方は、寝ているような心地で手術ができる方法もありますので、歯科医に聞いておくようにしましょう。
この手術ですが、ガイドドリルで埋め込む方向を決め、決めた深さまでドリルで穴を開けていきます。
そして専用の器具を使って先ほどあけた穴にインプラント体と、カバースクリューを取り付ければ完了になります。
二回法の場合には、ここでインプラント埋め込み手術が完成になりますので、歯茎を閉じて縫合して終わりになります。
この後は、埋め込んだインプラントと骨が結合するまでしばらく待つ必要がありますが、3ヵ月〜4ヵ月の期間をおかなければなりません。
この期間は、インプラントの種類や埋める場所、方法によって異なりますし、個人の健康状態によっても差がありますので、医師によく調査してもらうことが必要だといえるでしょう。
インプラントと骨とが結合したら、カバースクリューをはずし、土台(アバットメント)を装着し、1〜2週間の時間を置きます。
この時に人工の歯を作成することになるのですが、まずは仮歯を装着して調整などが行なわれてから、人工の歯が装着されることになります。
このインプラント治療というのは、ほかの歯科治療にくらべて特に技術と経験が必要になってくるといわれていますので、評判の良い歯科クリニックなどを選んで治療を受けるようにするというのは重要です。

Copyright (C)2017参考になる☆歯科情報!最新のデンタルケアについて.All rights reserved.