このエントリーをはてなブックマークに追加

仮歯について

インプラントの構造になっているのが「インプラント(人工歯根)」、「アバットメント」、「人工歯」になります。
この手術の流れとしては、まずはインプラント体を埋め込み、2〜6ヶ月の間は時間をおかなければなりません。
人によってはこの治療の期間に歯がないように見えてしまうのが不安だという方もいるかもしれませんが、「インプラント治療中の歯の隣の歯を利用した仮歯」や「入れ歯」というものがありますので、それらの仮歯を入れれば、ふだんの生活にも支障がないでしょう。
この入れられる仮歯ですが、「テンポラリークラウン」・「プロビジョナルレストレーション」とも呼ばれることがあり、見た目上のメリットのほかにも、噛み合わせや顎の状態を安定させたり、噛み合う歯や隣の歯が動くことを防ぐといった意味があります。
仮歯は治療の行程によって形態修正を繰り返し調整が行なわれますので、仮歯といえども人工の歯と同じほど完成度の高いものになります。
それで、まずこの仮歯を付けることによって、見た目・食事・会話・ブラッシングなどに支障がないかをチェックすることができますので、何かの違和感を感じたような場合には、速やかに歯科医まで相談するようにしたいものです。
しかし仮歯はあくまで仮歯ですので、長期にわたる使用は避けるようにしましょう。
というのも仮歯というのは、治療の経過に合わせて形態修正がしやすいよう、あえて柔らかい材質で作られていますので、1ヶ月以上放置しておくと噛み合わせが変わる恐れがあるからです。
状況によっては仮歯を作ってから、なかなか時間がなく歯科にいけなくなってしまったという場合もあるかもしれませんが、あごの骨に埋め入れたインプラントに強い力が加わり、せっかく入れたインプラントが抜け落ちてしまったり、不安定になってしまうケースもあるようです。
また仮歯はプラスチックで造られていることが多いので、変色をおこしたり、口臭の原因となる可能性もあります。
それでなるべくそれらのリスクを避けるためにも、仮歯を入れたら、すみやかに歯科にいき、人工の歯をつけてもらうようにすることが肝心になってきます。
またインプラント治療というのは、手術が終わった後であっても定期的に歯科に通ってメンテナンスを行うことが重要だとされていますので、トラブルを避けるためにも、なるべく時間を作って歯科に通うことが肝心です。
それで歯科を選ぶさいには、なるべく家から通いやすい歯科を探すというのも重要です。

Copyright (C)2017参考になる☆歯科情報!最新のデンタルケアについて.All rights reserved.