このエントリーをはてなブックマークに追加

人工歯の種類

歯を失ってしまった場合に、採用できるのがインプラントによって人工の歯を入れるというものですが、人工歯はさまざまな種類がありますので、よく歯科医と相談して決める必要があるといえるでしょう。
ネジやセメントで固定するタイプの人工歯が一般的ですが、ジルコニアセラミッククラウン、オールセラミッククラウン、ハイブリッドセラミッククラウンなどが一般的だといえるでしょう。
金属を使う人工歯としては、メタルボンドやゴールドクラウンもありますし、自分で取り外しするタイプとしてはオーバーデンチャーといわれるものもあります。
実際にどの人工の歯にするのかは、口の状態と価値感、経済状況によって異なってきますので、歯科医師とよく相談するようにすることが重要でしょう。
では上記にあげた人工の歯には、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。
まず挙げられるのが、ジルコニアセラミッククラウンというものですが、これはジルコニアにセラミックを焼き付けたものです。
メリットが大きく、変色しなかったり、天然の歯のような艶があるので、ほとんど見分けがつかないともいわれています。
内面がジルコニアで作られているので、割れる可能性も低いですし、金属アレルギーの方でも利用することができます。
しかし費用が高く、一本あたり9〜20万円もかかってしまうといわれています。
これに対してすべてがセラミックでできているのが、オールセラミッククラウンというものです。
この人工の歯も変色がありませんし、自然な仕上がりがメリットになっているわけですが、1歯あたりの費用の相場が7〜17万円と、費用が高いのがデメリットだといわれているようです。
ハイブリッドセラミッククラウンは、セラミックとプラスチックを混ぜた材質になりますが、これも自然な仕上がりが特徴になっています。
しかし時間の経過とともに艶がなくなってしまったり、割れてしまう恐れもあります。
白い人工歯の中では4〜12万円と安く値段を抑えることができるというのもメリットだといえるでしょう。
メタルボンドというのは、歯の表面部分にセラミックを焼き付けた金属性の人工歯ですが、金属を使っているので強度があるのが特徴になっています。
しかし金属を使っているぶん、透明感や色調がセラミックのものよりも劣ってしまいますし、1歯あたりの費用の相場が5〜15万円と、費用が大きくなってしまうのがデメリットです。
さらにくわしい情報などは直接医師に聞いてみましょう。

Copyright (C)2017参考になる☆歯科情報!最新のデンタルケアについて.All rights reserved.