このエントリーをはてなブックマークに追加

インプラントに適応できるか否か

歯が抜けてしまった場合に採用できる方法としては、インプラントのほかにも入れ歯やブリッジ治療といわれるものがあります。
しかしインプラント治療というのは、誰でも適応できるものではありませんので、まず自分にインプラント治療が適応するのかをチェックする必要があります。
ではインプラント治療が行いやすい症例としては、どのような状況を挙げることができるのでしょうか。
まずインプラントというのは、骨のなかにインプラント体を埋め込むという手術になりますので、歯を支える骨が十分にあるかどうかというのも非常に重要になってくるといえるでしょう。
厚み、幅、密度がしっかりと整っていれば、スムーズにインプラントを行うことができます。
また体全体の健康状態も、インプラントを成功させるかどうかに強い影響をもっているといえるでしょう。
インプラントが困難な症例としては、さまざまな点を挙げることができますが、まず上記にあげたような骨の不足などを挙げることができます。
場合によっては骨を移植したり、不足分を補う手術が必要になるケースもありますが、そのような手術によって費用も高くなってしまいますし、手術の期間もより長くなってしまうことでしょう。
また健康状態に関しても、心筋梗塞、狭心症などの心疾患、重度の高血圧がある場合にはトラブルになりやすいため、場合によってはインプラント治療ができなくなる可能性もあります。
動脈硬化などの血管の疾患、血小板減少症、重度の貧血、重度の糖尿病、管理の困難な免疫系疾患、重度の骨粗しょう症を抱える場合にも、リスクが生じる場合があります。
しかし状況によってはインプラント治療が可能になることもありますので、よく歯科医と相談してみることが重要でしょう。
このほかの要素としては、喫煙や歯周病というものもあります。
喫煙の場合には、血液の循環が悪くなり、インプラントと骨の結合がうまくいかないということにもなりかねません。
歯周病に関しても非常に厄介で、場合によってはインプラントの生えている部分が歯周病になってしまい、せっかく入れたインプラント体が抜け落ちてしまうという可能性もあります。
それで喫煙をされている方は、せめて手術の前後だけは禁煙するようにしたりして手術が成功するように協力することができるでしょう。
また歯周病の場合には、事前に治療することができますので、余裕を持って歯科クリニックなどに行ってみることが必要です。

話題の歯科、チェックするならこちらのサイト★

Copyright (C)2017参考になる☆歯科情報!最新のデンタルケアについて.All rights reserved.