このエントリーをはてなブックマークに追加

ブリッジとインプラント

歯を失ってしまった時の治療方法としてはブリッジというものがあります。
これは抜けてしまった歯の隣の歯を土台として、人工の歯をかぶせるというもので、多くの方に利用されているのですが、土台となる歯はもちろんのこと、健康な歯の神経を抜かなければならないこともあります。
神経を抜いてしまうと、もろくなりやすく、歯の根っこが割れる可能性も高いですし、失った歯に加わっていた力を土台となる歯が負担するため、土台の歯の寿命が短くなってしまう傾向があります。
さらにブリッジ治療の問題といわれているのが、治療後には、顎の骨や歯茎が痩せて見た目に大きく影響する可能性があるという点でしょう。
実施にそのようになってしまった場合には、人工の歯(ブリッジ)を作り直す再治療が必要で、費用や時間もかかってしまいます。
またブリッジというのは、両隣に歯がないと治療ができないという方法になりますので、一番奥の歯を1本失った場合には採用することができません。
ちなみに一番奥の歯を1本失った場合には、インプラントか部分入れ歯という選択肢になるとおもいますが、部分入れ歯を使用すると、バネをかける歯へ負担がかかってしまいますし、ブリッジ治療と同様に経年的に顎の骨が痩せて入れ歯の作り換えが必要となってしまうことがあります。
このようにブリッジ治療にはいくつかのデメリットがあり、問題視される方も少なくないといわれています。
そのような方に注目されているのがインプラント治療といわれるものですが、この方法は、歯を失った部分の顎の骨にインプラントを埋め入れるというものになっていますので、噛む刺激が顎の骨に伝わり実際の歯のような感触を味わえると評判になっています。
またそれだけではなく、歯茎にも丁度よい刺激が加わるようになっているため、入れ歯やブリッジのように歯茎が痩せてしまうという事態をも避けることができるというのがメリットになっています。
さらに見た目に関しても、入れ歯のように金具が見えてしまうということもありませんし、セラミックのような人工の歯を採用すれば、天然の歯とまったく見分けがつかないように治療することも可能になっています。
ただインプラント治療に関しては基本的に自由診療になってしまうので、健康保険が適応されず、比較的治療費用がかかってしまうのがデメリットだとされています。
ほとんどの歯科ではまずカウンセリングというものがありますので、詳しく聞いてみると良いでしょう。

Copyright (C)2017参考になる☆歯科情報!最新のデンタルケアについて.All rights reserved.