このエントリーをはてなブックマークに追加

入れ歯の問題点

入れ歯というのは、昔からある、抜けてしまった歯を補う治療方法になるわけですが、いくつかのネックがあるため人によっては不快感を感じておられる方は少なくありません。
では具体的には、どのようなデメリットが取り上げられているのでしょうか。
まずは部分入れ歯のバネが気になるというものがあります。
とくにまだ若い年齢の方で部分入れ歯などを利用されている方のなかには、口を開けた時にバネが見えるのが嫌で、対人恐怖症のようになってしまっている方や、口にコンプレックスを持っているという方もいるようです。
さらに入れ歯のもっとも大きなネックだといわれているのが食事に関してかもしれません。
食事のペースが遅れたり、味がわかりにくいというばあい、さらには歯茎と入れ歯の間に食べ物が挟まり、痛みがあるというような場合もあります。
本来楽しいものであるべき食事が、苦痛になってしまうというのは精神的にみても良くない傾向にあるといえるでしょう。
これに対して最近注目されているインプラントは、極端に固いもの以外であれば食べることができますし、感触なども天然の歯に近いということで話題になっているようです。
さらに入れ歯でよく問題視されているのが、話しづらさでしょう。
入れ歯が入ると舌を動かしづらくなり、結果として発音が悪くなるということがあるようです。
人前で話す機会が多い方や、管楽器を演奏される場合にはかなり大きな問題にもなりかねませんので、歯科医とよく相談してみると良いでしょう。
また入れ歯を使っていると、入れ歯や金具が歯茎や、粘膜、舌などと擦れてしまい、口内炎ができてしまったり、頬などを噛んでしまうことがあります。
また入れ歯を入れていると歯茎に必要な圧力がかからないため、負担に耐えきれず歯茎の下の顎の骨が痩せてしまうことがあります。
歯が痩せてしまうと、顔がくぼんで老けた印象になってしまうほか、せっかく合っていた入れ歯も徐々に合わなくなってしまうということにもなりかねません。
さらに問題になっているのが手入れの面倒さでしょう。
入れ歯の場合、必ず外して洗わなければいけませんし、定期的に入れ歯洗浄剤につけて除菌をする必要もあります。
旅行先ではこれらの道具を持ち歩かなければいけませんし、友人などとの旅行の際には気を使ってしまうものです。
ちなみに同じ入れ歯でも、「オーバーデンチャー」という着脱式の入れ歯のなかには、就寝時に外す必要がないものもあるので、医師に聞いてみるようにしましょう。

Copyright (C)2017参考になる☆歯科情報!最新のデンタルケアについて.All rights reserved.