このエントリーをはてなブックマークに追加

さまざまな原因でのインプラント

事故などによって歯を失ってしまうというケースがありますが、ほとんどの場合ではインプラント治療が可能になっています。
しかしインプラント治療は、顎の骨にチタン製の人工歯根を埋めこむというものですので、健康状態に問題があったり、骨の状態によっては不可能な場合もあります。
また事故といっても、歯のみを失ってしまったのか、顎の骨を失った場合や骨折してしまったのかでも違いがあります。
では歯のみを失った場合には、まずどのような治療が施されるのでしょうか。
まずは術前検査といって、口の状態に問題が無いか調べることがなされますが、状況によって一回法か二回法かを決めることになります。
この一回法というのは外科手術が1回だけ行われるインプラント治療になりますが、即時負荷といわれる外科手術後すぐに仮歯や人工歯を設置するものと、遅延負荷という外科手術から2〜3ヶ月後に仮歯や人工歯を設置するタイプがあります。
そして二回法ですが、これは、文字通り外科手術が2回行われるもので、より確実で安全な方法だといわれています。
では顎の骨を失った場合や骨折した場合にはどのような流れで治療が行なわれるのでしょうか。
この場合には、最初に骨折した部分を元の位置に戻す処置が必要になります。
状況によっては、骨を作りたい部分に、患者様自身の骨や人工骨を移植することが必要になったりしますし、下顎の親知らずの辺りの骨や、下顎の前歯の下付近から骨を削りだし、インプラントを入れる場所にネジで固定するという方法などが採用されます。
これらの移植にかかる時間というのは、個人差があるといわれていますが、骨移植後6ヶ月〜1年後はそのまま安静にしておく必要があります。
このように事故で歯を失ってしまった場合と、虫歯などで歯を失ってしまった場合には処置の方法にも違いがでてきます。
虫歯の場合には「歯の根」の周囲が化膿してしまい、インプラントを支えるだけの骨が無い場合もありますので、上記にあげたような「骨を増やす手術(ボーングラフト)」を事前に行う必要があります。
さらに顎の骨が痩せている場合などには、骨を作りたい部分に人工骨を入れる「骨移植」や、「GBR」といわれる手術などを行なっていく必要があります。
細かい部分に関しては、実際に歯科に行って検査やカウンセリングを通して具体的な治療方法を決めていくことになります。
それで歯科を選ぶさいには、インプラントにおいて経験のあるクリニックを選ぶ必要があるといえるでしょう。

Copyright (C)2017参考になる☆歯科情報!最新のデンタルケアについて.All rights reserved.